Masaya Puso こころの仕組み 自分のこころの状態が現実を作り出す!?〈投影とは〉

自分のこころの状態が現実を作り出す!?〈投影とは〉

こんにちは。

東京・神奈川の

リトリーブサイコセイラピー

心理セラピスト

石川あいです。

先日、友人の結婚式に参列してきました。

新郎新婦の素敵な笑顔と幸せオーラで

幸せのおすそ分けをしてもらえました♪

結婚式ってやはりいいものですよね。

さて、今日は自分の心の状態を

相手や物に見てしまう「投影」について

お話ししていきたいと思います。

【投影ってなに?】

自分の心の状態は外側に現れます。

投影とは、

自分の心にあるものや心の状態を

目の前の出来事や人や物に見てしまうことです。

こういう経験したことはありませんか?

▪️笑顔でいると、相手も笑顔になる

▪️イライラしていると、相手もイライラする

自分の心持ち次第で、相手の見え方が変わること。

実際のところ、

相手が笑顔になったのか、イライラしていたのか

真実は分かりません。

ただ確実に言えるのは、

前者と後者で

自分の心の状態に違いがあるという事です。

人は日常で、自分の心にあるものや状態を

他人にみている事が多いのです。

▪️人間関係▪️子育て▪️結婚▪️仕事

上手くいかないなと思ったら、

それは投影が起きているのかもしれませんね。

【投影に気づくとどうなるの?】

投影に気づく事ができると、

自分が抑圧し、我慢している感情はなにかを

知ることができます。

さらには、自分の心の痛みを知ることもできます。

なぜなら、

人は自分の内側にあるものにしか反応しないからです。

他人に対して、「苦手だな」「嫌だな」と感じたら、

どんな所に嫌悪感があるのか心に聞いてみてください。

「子どもっぽいところ」

「だらしないところ」などと

具体的に出てくると思います。

それはもしかすると、無意識の中で、

▪️子供っぽくしてはいけない▪️だらしなくしてはいけない

と自分をルールで縛っているのかもしれません。

なので、そのルールを破っている人に対して、

反応してしまうのですね。

他にも、自分の長所も他人に投影をします。

「素敵だな」「いい人だな」と感じる場合も、

自分の中に要素として持っている可能性があるんですよ。

【投影に気付いたらどうすればいいの?】

投影は自分に戻すことが大切です。

その現実を作り出しているのは自分であり、

自分の責任だからです。

自分の作り出した投影は自分でしか変えることができず、

どうするかは自己責任で選ぶことができるのです。

まずは自分に戻す必要があります。

そして、その投影を作り出した自分の感情を

解放し、癒すことで、

同じような人や出来事に出会っても、

自動的に反応が起こりにくくなっていきます。

例えば、子供っぽい人に嫌悪感を抱く人は

▪️厳しくしつけされた

▪️長男、長女で兄弟のお世話役だった

▪️いい子でいると褒められた等‥

幼少期に子供らしさを抑圧されていた可能性があります。

なので、子供っぽい人をみると

反応をしてしまうのかもしれませんね。

その抑圧した感情を解放し、癒してあげることで

子供っぽい人を見ても反応しにくくなっていきます。

感情は解放し、癒すことで、終わらせることができるからです。

【まとめ】

「人は鏡です。」という言葉がありますよね。

周りの人に対して、どんな感情を抱くのか、

どういう風に見えるのかを日頃チェックしていると、

自分の心の状態を知ることにつながります。

投影が起きているなと気づいたら、

その投影を引き起こしている、

自分の抑圧した感情に目を向けることが大切です。

心の状態が現実を作り出していることに気づくことが、

「生きやすさ」に繋がる第一歩ではないでしょうか。

その為にも、忙しい毎日の中でも

自分と対話する時間を5分でも10分でも

作ってみてくださいね。

それでは、またお会いしましょう♪

Related Post