自分と向き合う理由が自己否定になっていませんか?

心理

こんにちは。

東京・神奈川の

リトリーブサイコセイラピー

心理セラピスト

のじりひろみです。

 

先日、等々力渓谷に行ってきました。

都内にこんな素敵な場所があるとは^^

階段を降りた先には別世界がありました。

自然は癒されますね。

都会の喧騒を忘れたい方はぜひ行かれてみてくださいね♪

 

さてさて、

自分と向き合いましょう。

変えられるのは自分だけですよ。

とよく言いますよね。

それを聞いて

「よし、自分と向き合えば変われるんだ!」と

自分と向き合おうとするのはとても素晴らしいことだと思います。

ただ「自分を変えるために自分と向き合う」になっていませんか??

今日は自分と向き合う目的の大切さについてのお話です。

▪️もっと社交的になりたい

▪️言いたいことが言えるようになりたい

▪️感情的になってしまうのを直したい

▪️飽き性でなにも継続できない

などなど。

お悩みには色々とありますよね。

その悩みの裏には本音が

大事なのは、

その悩みを解決した先に求めているものなのです。

▪️社交的になれたら人から好かれるのに

▪️言いたいことを言えるようになったら我慢しなくて済むのに

▪️感情をコントロールできたら、良い自分になれるのに

▪️継続できたら、もっとできる自分になるのに

今の自分に×をして、理想の自分になれたら

素敵な現実が手に入ると思っていませんか??

悩みを解決したい時って

必ずその先に求めていることがあるからですよね。

今はイヤ、だから変わりたい。

そうしたら求めているものが手に入るかもしれない。

なのに行動できない。変わりたいのに変われない。

自分が変われば良い未来が待っているはずなのに。

とグルグルしてしまうから悩みとなって浮上してくるのです。

では、ここでひとつ疑問が

素敵な未来を思い描いているのに、

なぜ一歩先に進めないのでしょうか?

それは

「今を選んでいるメリットがあり」

「進んだ先の未来に恐怖がある場合が多いです。

今もイヤだけど、比べた時にマシな方を選ぶんですね。

例えば、

▪️社交的になりたいというお悩みを持つAさん

現状…

人に近づこうとすると

「どう話しかけていいかわからない」と躊躇してしまう。

相手が迷惑そうな顔したら?無視されたら?

色々と考えを巡らせてしまい、結局一人でいることが多い。

社交的な人が羨ましく、自分もそうなりたいと思っている。

本人は根暗な性格を直したいと思っている。

読んでいていメリットに気づきました??

人に近づかないことで相手から

拒絶される恐怖を感じなくて済んでいますよね。

社交的になるということは人に近づくことになります。

今のまま人に近づいたら、

人に拒絶される可能性があると思っているので

ひとりでいるという選択をしているのです。

拒絶されるより孤独の方がマシって感じです。

Aさんの根本の問題は何でしょうか?

それは「自分は人に受け入れられない存在」だと思っていること。

この状態だと社交的になりたいと思っていても

「自分は拒絶される」と思っているので行動に移せないですよね。

仮に行動に移せたとしても

上手くいっている時はいいのですが、

実際に人から拒絶されたと感じた場面にくると

恐怖が発動してしまいこの信念が強化されてしまいます。

解決方法は:

「人に受け入れられない存在」だと思ってしまった背景を探ること。

原因は幼少期にあることが多いです。

恐怖を感じた出来事があったはずです。

その信念を感情を解放するとともに書き換えることで

Aさんの人に対する感じ方に変化が^^

自分と向き合うって、

自分を変えるためじゃないんです。

自分を受け入れることなんですね。

Aさんの場合だと、

人に受け入れられない存在だと思ってたこと

それには原因があったこと

恐怖や悲しみを感じていたこと

その全てをまるっと受け入れるのです。

その過程の中で体感も変わっていくので、

人に対する感じ方にも変化を感じるのです。

そのことを「自分は変えられる」と表現しているのだと思います。

今の自分がダメだからと自分を変えようすると

苦しくなっていきます。

経験者は語る…。

わたしが本当に生きやすくなったと実感してきたのは

自分を受け入れ始めてからです。

あなたが自分と向き合う目的はなんですか?

その目的や動機を一度考えてみるといいかもしれませんね。

それではまたお会いしましょう♪

 

★まずはお悩みを整理したい方におすすめ★

 ただいまモニター募集中です♪

今だけ限定価格でご案内しています。

お気軽にお申し込みくださいませ^^

ご予約はコチラからどうぞ

セラピスト紹介はこちらから^^

タイトルとURLをコピーしました