親の目を通して自分のインナーチャイルドを見ていませんか?

こんにちは。

東京・神奈川の

リトリーブサイコセイラピー

心理セラピスト

石川あいです。

 

今年の梅雨は長いですね

先日、職場の方と話していたのですが、

その方は雨が降ると泣きたくなるんだそうで。

もう嫌だー。と嘆いていました。

天気に気持ちが左右されることってありますよね。

やっぱりお天気だと気持ちも晴れます^^

早く梅雨が明けて欲しいものです。

さてさて、今日はインナーチャイルドについてのお話です。

皆さん、

自分のインナーチャイルドの姿は見えますか?

見えなくても感じていますか?

インナーチャイルドとは子供の頃の傷ついた自分のことです。

実は私は姿がずーっと見えなくて、

インナーチャイルドってよく分からなかったのです。

お人形を抱っこしたり、話しかけたりしていただけでした。

ですが、最近インナーチャイルドワークをしてもらった時に

自分の姿が初めて見えたのです!

無表情で立ったままこちらをジーっと見つめていて

話しかけても表情ひとつ変えず無言。

その姿が見えた時に胸が苦しくてその子に意識上でも

近づく事ができませんでした。

その時に今までインナーチャイルドが見えなかったのではなく

見ようとしてこなかったんだなという事に気づきました。

本来の自分の存在をないものにしようとしていたのです。

そして、私のインナーチャイルドは私を諦め、不信に満ちていました。

それは私が両親に向けていた感情や表情と全く同じものでした。

今まで自分のインナーチャイルドにかけていた言葉が

親の、母親の目を通していたものだったと気づいたのです。

自分を監視し、わがままを言わないように、弱音を吐かないように

もっとできるようになれ、もっと頑張れ!と奮い立たせていました。

そうすることで頑張れてきましたが、

それはありのままの自分を否定するものでした。

今のあなたはだめだからもっとがんばりなさい

辛いなんて言ったらダメ

ちゃんとしなさい

母親の目を通して自分を見ないと自分の存在を感じないのです。

頑張れている、強い、ちゃんとした人

そんな「役割を演じている自分」を承認してもらうことで

生きていられると感じている。

そういう状態です。

つまり本来の自分ではダメだと思い、役割を演じているのです。

この状態でいることでのメリットもたくさんあります。

でも、それは本来自分が望んでいる姿なのでしょうか?

親の目を通して自分を監視し、

親の期待に応える子を演じているのではないでしょうか?

どんな自分の姿でも愛おしいと思えるか?

一度自分に聞いてみるといいかもしれません。

見えてくるものがあるかもしれませんよ^^

それでは、またお会いしましょう♪

 

【悩みを整理したい方にオススメ】

★電話カウンセリング★

プロの心理セラピストがあなたの悩みを電話でお伺いします。

漠然と不安な時や、家族や人間関係に悩みがちな今だからこそ

誰かに聞いてもらってラクになったり、

電話カウンセリングをきっかけに

悩み解決の第一歩を踏み出しませんか?

もやもやした気持ちが整理されると、

心がうんと楽になりますよ。

 

Related Post

生き方は連鎖する生き方は連鎖する

こんにちは。 東京・神奈川の リトリーブサイコセイラピー 心理セラピスト 石川あいです。   暑くなると麺が食べたくなりますよね。 最近はお蕎麦や冷麺など 麺類をたくさん食べている気がします。 皆さんは暑くなる […]