信じるものはお金だけ

こんにちは。

東京・神奈川の

リトリーブサイコセイラピー

心理セラピスト

石川あいです。

今日は気持ちのいい天気でしたね。

代官山にランチをしに行ったのですが、

とてもオシャレな非日常な空間に癒され

気分転換ができました(o^^o)

 

さて、今日は人が信用できない人についてのお話です。

一見、華やかで友達も多い人も

実は孤独感を抱えている…という事があります。

それはなぜでしょうか?

人と心のつながりを感じられないからです。

どんなに物質的に豊かになっても、

表面上は人と付き合えても、

心は満たされず、孤独感は拭えないのです。

人を信用することができず、

目で見えるものしか信じられない。

それがこの先ずっと続いたら

どんな末路が待っているでしょうか?

【人を信用できないとは?】

▪️お金や物、人気、SNSのいいねの数、見た目の華やかさなど

 目で見えるものしか信じられない

▪️知り合いは多いが、みんなうわべだけの関係。親密になれない。

▪️親しい人ほど信じられない。親しくなればなるほど信じられない。

▪️愛情は長続きしないと思っているので束縛をしてしまう。

などなど一例です。

当てはまるものありましたか?

ちなみにわたしは全てに共感できます。

目で見えるものしか信じることができないと、

例えば恋愛をした時に、

メールの数や会ってくれる回数、自分にかけてくれる金額など

目で見えるもので愛情を測ろうとしてしまいます。

メールがない=愛していない

デートで割り勘=愛が冷めてきたのか

極端な話、このような思考になってしまいます。

愛情は長続きしないと思っているので束縛するくせに、

相手が「好きだ、好きだ」と近づいてきたら

怖くなり、「そんなの嘘だ」と突き放す。

こんな恋愛こじらせ女子になってしまいます。

(全てわたしの経験談です)

【どんな幼少期を過ごしてきた人に多いのでしょうか?】

▪️家族間でも人を信用できなかった

▪️人を信用しない親に育てられた

▪️親が嘘つき、約束を守らない

▪️どんなにいい子で頑張っても親が認めてくれなかったetc…

人間関係のベースである、両親との関係の中で

親の気分によって扱いが変わったり、

嘘を繰り返され、約束を守ってもらえなかったりしたら、

子供はどう感じるでしょうか?

「人は怖い」「人は裏切る」と信じ込んでしまっても

仕方がないですよね。

また、そもそも人を信用しない親によって刷り込まれたケースもあります。

【人を信用できるようになるの?】

まずは「人を信用しない」との決断に至った経緯に

目を向けることが大切です。

その心の傷を癒すのが先決です。

その上で、人を信じて見たいのか、それとも孤独に生きるのか、

どうしたいかを自分に問う必要があります。

人は心の中に「安心・安全」のせキュアベースがないと

人を信用することができません。

心に安心感を入れてあげることで、

セキュアベースを築き直すことができます。

信じても裏ぎらない人もいる。

そう思えるようになったら、

あなたの中で変化があるかもしれませんよ。

それでは、またお会いしましょう♪

Related Post